どうして二重の癖付けが出来ない?癖付けに成功した人、失敗した人の違いは?

 

二重まぶたの女性

 

 

誰でも綺麗なパッチリ二重まぶたに憧れるけど、100%確実に二重まぶたになるには美容整形しかないですよね。

 

でも、中には自力で二重の癖付けが可能な人も多いと思います。

 

このページでは、自力で二重になる方法と、わたしが二重まぶたになった方法と注意についてお話しますね!

 

 

 

 

自力で二重の癖付けが出来なかった人

 

全然二重にならなかった人も多くいると思うけど、二重にならない理由は二つあると思います。

 

 

元々不可能なまぶた

 

元々のまぶたのカタチのせいで、二重の癖付けが不可能なまぶた。

 

これはもう仕方がないよね。

 

どういうまぶたが不可能かというのはちょっと難しいとこだけど、生まれつき一重で、さらに太ってもいないのにまぶたが分厚いひとはちょっと難しいかも知れない。

 

 

情報が多過ぎてどれを信じたらいいか分からない

 

「二重になりました!」

 

って情報のサイトは多く見るのだけど、

 

写真が1枚もなかったり、ビフォーアフターが別人っぽかったり、アフターの写真がゴテゴテにメイクしていて何が何だかわからない写真だったり。

 

たまに見かける程度ならばいいのだけど、そういうサイトばっかりなので、その中から正しい情報、自分にあった方法を見つけ出すのはとっても難しいと思います。

 

 

二重の癖付けの疑問

 

 

例えば美容グッズをオススメする人は美容整形を否定するし、美容整形クリニックの医師はグッズを否定するよね。

 

偏った情報の例)

 

・「二重のプチ整形はまぶたに結び目が浮かぶからダメ」 (×)

そういう手術もあるし、結び目が浮かばない方法もある

 

・「二重矯正グッズで癖付けは100%不可能」 (×)

実際に出来た人もいる

 

 

ちゃんと正しい情報だけならばいいのだけど、自分の商品やサービスをオススメするために正確じゃない、偏った情報をいっぱい流してる。

 

 

※美容外科などの医師は二重の癖付けを全否定する人が多いけど、よく探せば医師の中にも「可能な場合もある」っていう医師もいます。

 

大手でも名の通って責任ある立場のひとは、公平な目線でお話していると思います。

 

※参照:高須クリニック「高須幹弥の美容整形講座」

 

 

わたしは美容整形も美容グッズも否定はしないです。

 

それぞれ自分にあったものを選べばいいって事だと思います。

 

 

でも、

 

二重まぶたじゃないものを無理やり二重にするというのは、どこかに負担がかかっているということ。

 

手術でも手術以外でも、リスクゼロというわけにはいかないので、あらかじめ分かる範囲では用心して欲しいです。

二重の癖付けに成功したわたしのやった事の全て

目次へ戻る

 

二重の癖付けで一重まぶたじゃなくなった左目

 

 

これはわたしの左目の写真なのだけど元々じゃなくって、毎日の癖付けで二重になったもの。

 

 

元の左まぶたはこんな感じ。

 

二重の癖付け前の一重まぶた
ビフォー。二重の癖付け前の左まぶた)

 

 

インターネットの口コミ見てると、

 

 

「二重の癖付けは可能」

 

 

という人もいるし、

 

 

「不可能」

 

 

っていう人もいる。

 

 

わたしは実際に、美容整形無しで二重の癖付けができました。

 

 

わたしが二重になるまでの細かいレビュー

 

写真2枚だけじゃ納得出来ない人も多いと思います。

 

わたしが二重になるまでほぼ毎日、

 

動画と写真で誤魔化しが効かないくらい細かくレビューしています。

 

よかったら参考にしてみてくださいね。

 

※参照:「わたしの一重(奥二重)が二重まぶたになるまでのブログ」

二重まぶたになる方法

 

二重まぶたになる方法はいくつか言われているけど、効果のあるものも、全く不可能としか思えないもの、色々あるよね。

 

 

・美容整形
・二重矯正グッズ
・マッサージ、その他

 

 

細かく言えば他にもあるかもだけど、大体はこれくらい。

 

美容整形・プチ整形で二重になる方法

目次へ戻る

 

二重の医療の整形の先生

 

美容整形では昔からある切開して皮膚をつなぎ直す方法、やり直しも可能な糸で留める方法があります。

 

・糸で留める埋没法
・皮膚を切って合わせる方法

 

の二つ。

 

その他にはまぶたの脂肪を減らす方法、加齢やまぶたへの過重な負担で起きる眼瞼下垂の治療、目頭だけを切開して目を大きく見せる方法もあります。

 

 

実際に皮膚を切って合わせ二重を作る切開法

 

確実に二重まぶたになれるので、特に年齢を重ねてまぶたが弱くなった人、長年のアイプチで皮膚が伸びたり変形してしまった人が選びます。

 

案外傷跡は見えなくなるので芸能人も多く利用しています。

 

デメリットとして、やり直しが効かないという面があるので慎重に検討をすすめて欲しいとこ。

 

美容整形をする場合も、いきなり切開するんじゃなくって、糸で留める埋没法というもので様子見しながら二重化をすすめて欲しいな〜って思います。

 

 

 

医師は100%こちらのイメージを汲み取ってくれているとは限らない

 

どこのクリニックでも、どの医師でも、最大限綺麗に見えるように二重術をしてくれます。

 

でもこれは当たり前の事ではあるのだけど、医師とわたしたちは別人。

 

自分のイメージと医師のイメージはズレがあって普通だよね。

 

切開法をして、それで自分のイメージ通りだったらいいのだけど、医師と自分のイメージが違っていたら?

 

もちろん皮膚が余っている場合はもう一度してもらう方法もあるけど、イメージ以上に皮膚を切開してしまっていたら、取り返しがつかないです。

 

なので最初から切開法を希望していても、まずはやり直しが可能な「埋没法」で様子見してもらいたいとこ。

 

もちろん埋没法をしてからその後切開法をしたら、その分余計にお金がかかってしまうけど、そこは惜しむところじゃないと思うんだよね。

 

 

糸でまぶたを固定して二重を作る埋没法

 

二重のプチ整形と呼ばれ、糸を取り除けば元に戻るので、気軽に始められます。

 

最近は2万円とか、もっと低価格のコースもあるので、就職活動前の女性がよく利用しています。

 

 

※「埋没法はそんなに安くて大丈夫?」

 

埋没法が安い理由は、

 

質が低くてリスクが高いから (×)

 

ではなくって、それが客寄せだから。

 

というのも、埋没法は大体の人がいつかは糸が取れてしまう可能性がある方法。

 

(いきなりポロっと取れてまぶたが下がるわけじゃないです。少しずつ緩んでくる例がほとんどのようです。)

 

もちろん取れずにずっと維持出来てる例、取れた時には二重の癖付けが出来ていて定着しちゃっているラッキーな例もあるけど、

 

でもクリニック側としてみたら、

 

埋没法を受けた人の何割かがもっと高額な切開法、あと二重以外の他の美容整形を受けてくれる事もあるので、気軽な埋没法はとても安くなっているんです♪

 

もしも二重の整形を考えているならば、

 

埋没法のようなやり直しが可能なところから始める方が失敗がないと思います。

 

切開法の方がより完璧だし一重まぶたに戻る可能性もないのだけど、必ずしも希望・想像通りのカタチになるとも限らないです。

 

それって医師の失敗がなくても起こるリスクだと思う。

 

よくカウンセリングで相談してから決めてくださいね。

 

 

目頭を切って目を大きくする目頭切開。

 

デカ目

 

 

目頭にある蒙古ひだという部分を切り取って目を大きくする方法。

 

これだけでパッチリ目になる事もあるし、他の二重術と併用する場合もあります。

 

 

まぶたの脂肪を取り除く方法。

 

まぶたの分厚い脂肪が乗っかってしまっているせいで一重に見える人もいます。

 

その場合はまぶたの脂肪を取り除くと二重になる事も。

 

 

マイクロリポサクション

 

ぐみ

 

まぶたの脂肪って一つの塊になってる。ちょっと例えが悪いかもだけど、お菓子のグミみたいな感じの物体が入っている感じ。

 

なのでまぶたの一部に小さい穴を開けて、その脂肪を引っ張り出す事が出来ます。

 

傷跡は「消える」という医師と、「完璧じゃないけどほぼ分からないくらいになる」という医師がいます。

 

ただ、若いうちに脂肪を取り除き過ぎると年齢を重ねて痩せたまぶたになる場合もあるので、十分に医師と相談してから決めてくださいね。

 

参照:「まぶたの脂肪吸引って可能?マイクロリポサクションの傷跡について。」

 

 

まぶたの脂肪溶解注射

 

BNLS注射といって、脂肪溶解注射。

 

ダイエットに使用するものなのだけど、まぶたにも使用可能。

 

まぶたは必要な量が少ないので低額で済みます。

 

わたしも受けてきました♪

 

参照:「まぶたのBNLS脂肪溶解注射を受けてきた!」

 

 

まぶたが不自然に下がった場合

 

まぶたが異常に下がった眼瞼下垂の治療。

 

普通に目を開いた状態で黒目が3割隠れていたら眼瞼下垂の疑いがあるので、一度受診してみましょう。

 

大手クリニックならば大体扱っていて、保険適用で安くで治療を受けられる事もあります。

 

眼瞼下垂は視界を遮って肩こりなどの大きな原因になっている事も多いので、美容目的以外でも積極的にカウンセリングを受けて欲しい治療です。

 

 

 

 

美容整形の前に自力の二重の癖付けを試したい?

 

美容整形を好ましく思っていない人もいるけど、わたしも検討には入れていました。

 

個人的には毎日まぶたを痛めるリスクに不安を感じながらアイプチをしてしまうより、糸で留める埋没法を試した方がいいかな〜って。

 

毎朝ノリを使って留めるのならば糸で留めても同じだし、まぶたへの負担も減るし、寝ていても起きていても綺麗に出来るし、毎日時間を使わないで済みます。

 

二重グッズを選ぶならば、つけているだけ維持出来るものよりも、二重の癖付けが可能なものの方がいいと思います。

自力で二重の癖付けをする方法

目次へ戻る

 

 

二重の癖付けグッズ

 

 

まぶたのマッサージや二重グッズを使って二重まぶたにする方法もあるよね。

 

ただし、

 

・まぶたを痛める可能性がある
・どのくらいの期間続けたらいいか分からない
・そもそも効果がない、まぶたを痛めるだけのグッズ、方法もある

 

という点に注意して欲しいです。

 

 

二重グッズで二重の癖付けをする

 

毎日アイプチをするくらいならば糸を使うプチ整形の二重術を受けた方がいいと思います。

 

まぶたへの負担も減るし見た目の心配もないし、毎朝も楽。

 

旅行などお風呂で取れちゃう心配もないから。

 

とは言っても、

 

やっぱり美容整形になるとハードルが高いよね。

 

 

自力での二重の癖付けは効果が非常に低いのと、個人差が大きくって、まぶたの腫れ切れなどの悪影響を起こす人も多いです。

 

長期間の使用でまぶたが荒れて戻らないという人もいるので注意が必要です。

 

 

 

二重矯正グッズも2種類

 

・日中人前に出ている時だけ二重になるもの
・二重の癖付けが目的のもの

 

注意して使えば安くで失敗も少なく試す事が出来ます。

 

 

メイクの時に二重になるもの

 

アイプチやアイテープなどなど。

 

ずっと長い期間の使用で二重になって定着してしまう人もまれにいるのですけど、本当にまれなこと。

 

癖付けをしたいならば、癖付けを狙ってやった方が良さそう。

 

二重になりたい間はずっと使い続ける必要があるので、まぶたを痛めたり皮膚が伸びたりするリスクが割と高め。

 

 

 

何歳になって止めるかが問題

 

別に40歳になっても50歳になっても続けていいハズなのだけど、10代のアイテムって見られ方はするよね。

 

お泊りなどでお風呂に入ったあとにつけたりもあまりしないものなので、どこかで使わなくなるものだと思います。

 

どうしてもアイプチを中止したくない女性が20代30代になってプチ整形を始めるケースが多いんですって。

 

(10代だと美容整形関係の契約は出来ないので、成人するまで待っている子が多いのだそうです。)

 

 

二重まぶたの癖付けをするのが目的のグッズ

 

わたしが選んだのもこれ。

 

プチ整形の埋没法をしようか考えていたのだけど、ダメ元でグッズを利用してみようと思って。

 

最悪まぶたが傷んだらプチ整形を考えたらいいかな〜とか、とにかく二重になりたかったので出来るところから試そうと思った感じです。

 

 

二重マッサージ

 

マッサージは主に脂肪を薄くするのが目的みたい。

 

太ると一重、痩せると二重になる人もいるよね。それってまぶたの脂肪のせい。

 

なので脂肪が落ちたら二重になる可能性もある気がする。

 

でも、まぶたの脂肪って小さい円盤みたいな塊になっていて、その周辺に膜がついてる。

 

なので簡単には縮んだりしないんじゃないかな〜。

 

まぶたの脂肪を薄くするには体全体のダイエットが大事だと思います。

 

 

二重になる年齢を待つ

 

たまにだけど、大人になって二重になる人もいるみたい。

 

お年寄りまでいかなくても、案外30歳くらいで二重になっちゃう人も。

 

というのも、人によっては年齢とともにまぶたの脂肪が減ってくるようなのです。

 

逆に年齢で痩せたまぶたになって、むしろ脂肪を入れるプチ整形をする人も。

 

ご両親や親戚の方のまぶたが変わったかどうか聞くのも面白そうですね!

わたしは二重の矯正グッズを長い期間やって二重の癖付けが出来ました。

目次へ戻る

 

わたしが使ったのは少し特殊な二重矯正グッズ

 

二重になった証拠として写真をいくつか。

 

 

 

■二重の癖付け前
二重の癖付け前

 

 

一重まぶた、というか正確にいうと奥二重です。

 

 

■二重の癖付け開始5日目
二重の癖付け右まぶた5日目

 

右だけ二重。左は全然。

 

右目は元々惜しい一重。

 

ちょっといじれば二重になる感じだったので、3日で効果が現れました。

 

 

■二重の癖付け開始2ヶ月
二重の癖付け2ヶ月。左目だけまだまだ。でもちょっと兆候

 

 

二重の癖付け2ヶ月。左目だけまだまだ。

 

すっごくまぶたに脂肪がたまっていて、右目はすぐ二重になったのに、左目はもう全然。

 

でも徐々に兆候出てきて、

 

2ヶ月くらい続けたら、日によって二重っぽくなったり、二重とは言えなくても三重になったり。

 

 

■目尻が三重まぶたで全体的に綺麗じゃないけど二重っぽくなってきた
二重の癖付け2ヶ月。三重まぶたになったりも

 

 

およそ3ヶ月。

 

ついに、、

 

 

二重の癖付け3ヶ月。二重まぶたになった

 

 

 

わたしが利用したのはナイトアイボーテというもの。

 

 

ナイトアイボーテ

 

 

ナイトアイボーテのサイト

 

 

今までの二重グッズと違うのは、夜寝ている間に二重の癖付けをする商品。

 

 

 

新しい狙いのラインを折り曲げて、そのまま寝る事で長時間の癖付けが可能なんです。

 

そして、元々ある二重のラインに関しては、逆に薄くなってく。

 

 

 

起きている時間の二重矯正はどこが問題?

 

二重の癖付けをするには、新しい二重の折り目を付けるだけじゃなくって、元の二重の折りシワを広げて薄くしなくてはいけない。

 

だけど、起きているあいだって目を開けているよね。

 

まぶたが上がるので、どうしても元の折りシワが折曲ってしまう。

 

まばたききもするので、余計に折りシワの溝が深くなるよね。

 

 

まぶたを軽く折って、そのまま目をつぶるって眠ると、折った部分に新しい折り目、そして元々あった方の折り目は薄くなっていくんです。

 

 

一日の中で一番長い、そして目をつぶっている時間だから出来る新しい発想の二重まぶたの癖付け商品がナイトアイボーテなんです。

 

 

二重の癖付けが進むと日中は何もつけないで二重まぶたに!

 

これはわたしが実際に使ってわかったことだけど、ナイトアイボーテでうまくいきだすと、朝からオフしても一日中二重が維持出来ます。

 

ナイトアイボーテは元の二重のラインが消えてくれるまでは毎晩使用しなくてはいけないのだけど、でも日中は何もつけなくても二重まぶたが維持出来るようになります。

 

わたしの経験では右目は3日、左目は3ヶ月くらいでナチュナル二重と同じ感じで生活が出来るようになりました。

 

 

二重の癖付けが出来ない人と理由

 

このページにたどり着いてくれた方の中には二重の癖付けを考えたり、試してうまくいかなかった人も多いと思います。

 

 

二重の癖付けが不可能なまぶたというものもあると思います。

 

 

でも中には、

 

「本当は癖付け可能な人」

 

もいると思います。

 

 

例)わたしのまぶた

 

参考のため、二重になったわたしのまぶただけど、

 

・奥二重
・右目はまぶたが薄く、すぐ二重になった
・左目はまぶたが厚く、長期間が必要だった

 

という感じ。

 

 

奥二重、奥二重でまぶたが厚いくらいならば、わたしもなったので可能性はあると思います。

 

 

でもやっぱりまぶたのカタチなんて人それぞれ。

 

最終的にはやってみないと分からないと思います。

 

 

個人的に可能性が低いかな〜って思うのが、

 

 

一重でまぶたが分厚い人

 

これはたぶん無理。

 

もちろんやってみないと何とも言えないけど、わたしの左目でもかなり苦労したので。

 

まぶたは分厚かったけど、一応奥二重ではあるので何とかなったような気がします。

 

 

一重でまぶたが薄いひとは?

 

わたしとまぶたが全然違うので本当に謎です。

 

というか結局まぶたは人それぞれなので、どんなに人が二重になっても、ならなくても、自分のまぶたで試すしかないと思うんです。

 

ナイトアイボーテを1本だけ試してみて、何か二重になりそうな兆候が見られたら2本目も続けたらいいんじゃないかな〜。

 

 

ナイトアイボーテのサイト

 

 

※「本当にナイトアイボーテなんかで二重まぶたになったの〜?」

 

二重の癖付けの疑問

 

 

このページでは写真数枚ですけど、わたしが二重まぶたになるまでの全ての経過を写真と動画で公開しています。

 

もちろんすんなりなったわけじゃなくって、色々失敗、試行錯誤を繰り返して二重になったので、

 

これから始める人の参考になると思います。

 

是非チェックしてね!

 

⇒ わたしのナイトアイボーテの詳しいブログ。写真と動画を毎日のように撮影しました♪